9月4日にかわぐち糖尿病連携フォーラムにて講演発表して来ました。

「実地医家におけるCKD診療の実際」という内容で発表させて頂きました。

エビデンスに基づいて高血圧、尿酸、脂質の調節、アルドステロンブロッカーの使用方法、古典的な糖尿病性腎症だけでなく腎硬化症様の尿細管間質病変をどのように治療するか、残腎機能維持としての腹膜透析療法の意義等について解説しました。

質問もたくさん頂き勉強になりました。

今後の診療に活かして行きたいと思います。

川口駅前でドラマのロケをしていたのが興味深かったです!