昨日は東京都で200名を超える感染者が出ました。

正確にはPCR検査が陽性となった感染者ということです。

実はこの簡単な一文には深い意味があるので今回はこれについて述べたいと思います。

まず、検査には陽性的中率と陰性的中率というのがあります。これらは具体的な数字を述べた方がわかりやすいので説明します。

例えば、1000万人のうち1万人にコロナウイルスが感染しているとします。検査の感度は約70%と聞いていますので感染者1万人のうち、検査陽性と出る人は7000人となります。これを陽性的中率と言います。つまり「本当は感染しているのに3000人の人が検査陰性と出る」という意味です。

もう一つ大切なのは、こちらの方が問題ですが検査の特異度です。PCR検査の特異度ははっきりしませんがどんなにいい検査でも100%の特異度というのは理論上不可能です。もし99%だとします(これでもすごい特異度ですが)。非感染者が本当に検査陰性になる確率が99%ということでこれを陰性的中率と言います。実はどんな検査でも感染していないのに検査で陽性になってしまう「無実の罪」な人が出てしまうのです。上記の条件だと999万人の非感染者のうち、検査陽性と出てしまう「無実の罪」な人は1%の9万9000人にもなってしまいます。もし99.9%特異度の検査だとしても9900人になります。つまり、「ウイルス感染していないのに検査が陽性となってしまう人が少なからず出てしまう可能性がある」ということです。

このことをしっかりと知っておく必要があります。

また別に考えることがあります。

それは、新型コロナウイルスはおそらく消えないということです。

今いくつかの国でコロナ感染をほぼ制圧しつつあるというような報道がなされています。その有力な方法がたくさんの方にPCR検査をして見つけ出したら隔離して抑え込むという方法です。それが功を奏したのは事実だと思います。でも今制圧したから未来永劫に制圧できるかというとそこはわかりません。コロナ感染者を減らしたということでコロナウイルスを消したわけではないからです。集団免疫が確立しないと第2波第3波が押し寄せてくる可能性はあります。

一番いいのは、このコロナウイルスに対して緩やかに少しずつ感染をして免疫がついた抗体陽性者を増やし、集団免疫を確立させることではないかと思います。

テレビ等で検査をとにかくたくさんやって感染拡大を防ぐことが大切だと力説されておられる方々がいてそれはそれでもっともなご意見だとは思います。

しかし政府の専門家の先生方はおそらくそれもわかるが上記のことも考える必要があると思っておられてこれまで対応してこられたのではないかなと思います。つまり無症状の人にPCR検査してもし無実の罪陽性者を出したらどうしようか。その方々も社会的生活を束縛してしまう。今回のウイルスは80%が軽症だからクラスターを抑えてオーバーシュートを抑え、緩やかに増えてもらって集団免疫をつければいいのではないか。そのように考えられたのではないかなと思います。これを支持するとかしないとかではなくそういう理解ということです。

でも感染者が増えているのは事実です。オーバーシュートになる可能性があるので理屈抜きに抑える必要がある現状です。今の検査充実、自粛等の措置は正しいと思います。

でももし本当に意味のある検査をするのであれば、PCR検査と抗体検査の2本立てがいいと思います。PCRで陽性であっても抗体陽性なら隔離で経過見れます。PCR陽性で抗体陰性なら厳重管理必要です。PCR陰性で抗体陽性なら無罪放免です。PCR陰性で抗体陰性なら今後の生活に注意が必要です。

ですから冒頭での一文がこうなればいいなと思います。

PCR検査陽性で抗体陰性者が減少し、PCR検査陰性の抗体陽性者が増えてきました!