米国心臓協会(AHA)、米国心不全学会(HFSA)、米国心臓病学会(ACC)の3学会は3月17日、「ACE阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)の服用は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)罹患後の重症化要因にはならない」とする共同声明を発表しました。

最近上記薬剤がコロナウイルス感染症を重症化するのではないかとの話が出て、中止したり変更することで高血圧や心不全の状態が悪くなるケースが見られたための緊急声明だそうです。

薬剤の影響より、高血圧や心不全のコントロールの方が圧倒的に重要ということでしょう。

降圧薬服用中の皆様におかれましてはご安心ください。