043-286-0111
診療時間
10:00~13:00 / 14:30~18:30
日曜…14:00~17:00
休診日
祝祭日・火曜日

IMMUNOTHERAPY

6種複合免疫療法

免疫療法とは

伝統的ながん治療法として知られるのは、外科手術、抗がん剤治療、放射線治療などです。それぞれがん細胞を物理的に除去したり、細胞分裂を阻害したりすることで効果を発揮します。
一方、免疫療法は体内の免疫システムを利用して、がん細胞を攻撃する新しい治療法です。患者様自身の免疫システムを強化または修正し、がん細胞に対抗するように訓練します。特に免疫療法は、従来の治療法で効果の得られない場合や特定の種類のがんに対して有効です。ただし治療選択にあたっては、患者様の全体的な健康状態やがんの種類、進行度などを考慮することが重要です。

6種複合免疫療法とは

6種複合免疫療法とは、複数の免疫細胞を利用してがんに対抗する最新のがん免疫療法です。

特定の細胞を患者様から採取して体外で活性化・増殖させた後、体内に戻してがん細胞を攻撃することを目指しています。免疫細胞同士が連携して、がん細胞を攻撃し、がんの成長を抑えたり、退縮させたりすることを目的としています。

CELL1キラーT細胞

キラーT細胞(CTLs)は、MHCクラスI分子によって提示される特定のペプチドを認識し、攻撃のターゲットにするのが特徴です。感染細胞やがん細胞を自然な方法で死に至らしめるアポトーシスというプロセスを引き起こすことで、体内の健康を守ります。

CELL2NK細胞

体内を巡回し、MHCクラスI分子の欠如を示すウイルス感染細胞や腫瘍細胞を特定して攻撃します。穿孔素やグランザイムを使用して細胞を破壊する機能を持ちます。

CELL3NKT細胞

キラーT細胞とNK細胞の両方の特性を持つ特殊なリンパ球です。T細胞受容体とNK細胞関連受容体を持ち、特定のアンチゲンに反応して免疫応答を調節します。

CELL4γδT細胞

独自のT細胞受容体を持ち、MHC分子の制約を受けずに抗原を認識するT細胞の一種です。感染初期や腫瘍細胞に迅速に反応し、免疫反応を促進します。

CELL5樹状細胞

免疫系で抗原を提示し、ヘルパーT細胞などの他の免疫細胞を活性化させる役割を担う細胞です。成熟した樹状細胞は、特定のがん抗原を認識し、強力な免疫反応を引き起こします。

CELL6ヘルパーT細胞

免疫応答を調節する中核的な細胞です。MHCクラスII分子に提示された抗原に反応し、サイトカインを放出して他の免疫細胞を活性化させます。異なるサブセットに分化し、免疫応答の種類を決定します。

6種複合免疫療法の特徴

副作用が少なく、負担が小さい

6種複合免疫療法は、患者様の体内に存在する免疫細胞を利用した治療法です。血液の採取量はわずかで、入院する必要もありません。培養して活性化・増殖させた免疫細胞は、点滴を通じて体内に戻します。治療時間は約20~30分と短く、副作用も少ないので、患者様への負担も抑えられます。

特許技術に基づいた厚生労働省認可の培養施設

6種複合免疫療法で利用する細胞培養技術は、日本と韓国で特許を取得しています。また、免疫細胞の培養は、厚生労働省から許可を受けた専門施設で行われているのが特徴です。厳格な安全管理と衛生環境の下で細胞培養が実施されているので、高い安全性を誇ります。

6種複合免疫療法の
メリット・デメリット

Merit

  • 厚生労働省・再生医療等の提供計画に基づく管理のもと治療を進められる
  • 自己の免疫細胞を使用するため、通常の治療に比べ副作用が少ない
  • 他の治療法との併用が可能である
  • さまざまな症例に適応できる

Demerit

  • 注射部位に発赤、発疹、かゆみなどが生じることがある
  • 治療後、稀に倦怠感、悪寒、吐き気など症状が現れることがある
  • 採血から投与までに培養期間として約3週間かかる
  • 培養過程で汚染や運搬上のトラブルが生じた場合、採血・培養のやり直しが必要になる
  • 重篤な副作用を引き起こすリスクがあるため、免疫チェックポイント阻害剤との併用は難しい
  • 症状が進行している場合は治療効果が見られないことがある

6種複合免疫療法の
治療コース・費用

6種複合免疫療法「BASIC」

がんの予防、免疫力向上に適応しています。

初期培養費
16,500 円(1クールごと初回のみ)
治療費
275,000 円(消費税込/1治療分)
6回投与
(1クール)
1,650,000 円(消費税込)

1投与(275,000 円)ごとのお支払いになります。

6種複合免疫療法「CSC」

6種複合免疫療法は、WT1ペプチドを含むペプチドを用いて患者の免疫システムを強化し、がん細胞に対抗する治療法です。
多くのがん症例に有効で、特にがん予防や手術後の再発予防に利用されます。しかし、すべての症例に同様の効果があるわけではなく、患者様の健康状態やがんの種類によって治療法を選ぶ必要があります。

初期培養費
16,500 円(1クールごと初回のみ)
治療費
324,500 円(消費税込/1治療分)
6回投与
(1クール)
1,947,000 円(消費税込)

1投与(324,500 円)ごとのお支払いになります。

6種複合免疫療法の
治療の流れ

3週間ごとに6回を1クールとして治療計画を作成します。約4ヶ月かけて治療を行うのが基本です。
治療期間中に、血液検査、MRI検査、CT、腫瘍マーカーの測定などを受けた場合は医師に結果をご報告ください。治療の参考にいたします。

  1. 採血

    採血

    次回の治療に用いる免疫細胞を培養するため、採血を行います。培養期間はおおよそ3週間ほどです。

  2. 治療1回目

    採血・点滴

    3週間後、培養した免疫細胞を体内に戻します。方法としては点滴を用いるのが基本です。点滴時間は1回30分程度です。

  3. 2回目

    採血・点滴

  4. 3回目

    採血・点滴

  5. 4回目

    採血

  6. 5回目

    採血・点滴

  7. 6回目

    点滴

6種複合免疫療法 
公式サイト

6種複合免疫療法についてのより詳細な情報は、以下の公式ホームページよりご覧ください。